プロブレムQ&A─ひとりで闘う労働紛争[個別労働紛争対処法]橋本忠治郎

 ある日突然の解雇、雇い止め、降格、減給──でも労働組合が取り合ってくれない! 日々の労働相談からは、職場で孤立し、様々な問題で苦しんでいる労働者の悲鳴が聞こえます。労働組合が機能しなくなり、このような状況を改善するためには、何が必要か? まず、自分が行動し、権利を主張しなければ、状況は悪化の一途を辿ります。
 本書は、その手引き書です。一人で闘いを始めるための法律や相談先、どのように行動すればよいかを、ていねいに詳しくQ&Aで解説します。

画像


目次

1 労働紛争とは何か?
2 労働問題の相談
3 労働者を守る救済機関
4 労働者を守る法律
5 労働組合づくり
6 団体交渉のすすめかた
7 争議の闘いかた

著者紹介

橋本 忠治郎(ハシモト チュウジロウ)

東京統一管理職ユニオン常任顧問、1938年生まれ

平賀 健一郎(ヒラガ ケンイチロウ)

中小労組政策ネットワークアドバイザー、1941年生まれ

千葉 茂(チバ シゲル)

いじめメンタルヘルス労働者支援センター代表、1950年生まれ



緑風出版へ
ホームページ該当ページへ


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック